Zの持つビジョン

■「プロジェクトZ」は、当初は当時大阪のサークルであった「Pen Friend」の30周年記念イベントとして企画された。

■ このイベントは、2008年4月6日(土)に実施され(参加サークルの所属者のみのクローズドイベントであるにも関わらず)合計241名の参加者を集め、参加サークル数23、アニメ歌手(串田アキラ氏)を招聘、各サークルのネタ発表、ダンパとの融合 等 従来のオタク系イベントの枠を超えたイベントとして、内外の注目を集めた。

■特に収益金の全てをアニメ「タイガーマスク」にちなんで児童擁護施設に寄付する「タイガーマスク基金」を設けた姿勢は高く評価され、イベント終了後も多くの賛同者がこの基金に参加している。

■本来であれば、30周年を区切りに主催サークルが解散した事によって、単発イベントとして収束するはずであったが、反響の大きさと再会を望む声に押され、主催サークルを変える形で継続的に運営される事となった。
そして、その魂を継ぐ者として、「熱血!大アニソン部グループ」が名乗りを上げたのだ。

■第二回 プロジェクトZ -リターンズ- は、上記経緯で、2009年10月3日(土)に岐阜で実施された。
合計182名、参加サークル14、アニメ歌手(影山ヒロノブ氏、瀬名嬢)を招聘。
第一回と同じく各サークルのネタカラ大会、タレントのライブの他、DJタイム 等 新機軸にも挑んだ。
リーマンショックに始まる世界同時不況の影響を、自動車産業を中心とする中部地区はモロに受けていた。
そんな中、影山ヒロノブ氏の歌声の元、ひとつになったエンディングは正にみんなに明日への希望を抱かせたに違いない。

■そして、再び時代は大阪へ
第三回 プロジェクトZ 外伝 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴は、2010年9月19日(日)に大阪のオタクの聖地、日本橋のど真ん中にある4丁目劇場で実施された。
主催サークルは「瀞」(どろ)
初めての無料興行、ゲストなし、地下アイドル達との紅白歌合戦、そしてヒーローショー タイガー仮面の登場と初めてづくしのイベントだったが、立地と企画内容、何よりもタダ(笑)という事が効を奏し、推定300名を超える集客を達成した。
また今回、「リアル・タイガーマスク計画」は初めての募金を行ったが、見事黒字を出し寄付を実施する事が出来た。
特に、日本橋のメイド喫茶、メイドリフレ、中古玩具ショップ等の店舗からの募金は大きな力となった。

■広がり続けるZの輪
2011年の初頭、タイガーマスクを名乗る人からとある養護施設にランドセルが寄贈された。
それは、多くの感動を呼び起こし、全国に無数の伊達直人が出現した。
いわゆる「タイガーマスク運動」である。
だが、我々Z戦士はみな思っていたに違いない。

「俺たちはもうずっと前からやっていたさ」

だが、このブームはプロジェクトZにも恩恵を及ぼす。
マスコミに取り上げられ、ついには「タイガーマスク運動の元祖はプロジェクトZ」とウィキペディアにも
登録される。

だが、ブームのさった今でも、我々の情熱は消える事はない。
なぜなら、「俺たちはずっと前からやってきて、そしてこれからもずっとやり続けるから」だ。

■北の街の仲間を救うため
第四回 プロジェクトZ どっか~んは、2012年5月3日(木祝)に参加サークル中、最南端の鹿児島の「鹿夢」主催でよかせんたー多目的ホールで開催された。
この第四回が他と違うのは、他と大きく違った内容となったのは前回との間に発生した一つの大事件に起因する。
「東日本大震災」
多くの尊い生命が奪われ、今もなお東北は苦しみにあえいでいる。
Zの主旨は「未来の俺達の仲間を救う事」。
遠い南の端で、遠い北の国で苦しむ仲間達を救うための戦いが始まった。
子供たちよ。一年だけ待って欲しい。
今、君達よりも苦しんでいる人たちを救うために。
待ってくれれれば、君たちも俺達と同じZ戦士となれるのだ。
そして、この第四回の寄付金は「東北のオタクの仲間達」に送られた。
大物ゲストもない中であったが、参加者130名の仲間が一つになった瞬間であった。

■そして第五回
次回も九州地区での開催を予定している。
詳細については近日発表となるので、楽しみに待っていて欲しい。

■以上の経緯から、「プロジェクトZ」の存立基盤は「仲間意識」と「良心」にある事がおわかりいただけると思う。
「オタクからこの二つがなくならない限り、プロジェクトZは永遠」にあり続ける」という言葉をもって、ビジョンに代えたいと思う。

以上



コメントは受け付けていません