リアルタイガーマスク計画とは

tiger_1-01
「プロジェクトZ」は、普段は私利私欲に走り、「きもオタ」とか「腐女子」とか言われているオタク諸君にも
 たまには人の役に立つ機会を与え、社会復帰を促すための場でもある。
 それがこの・・「リアルタイガーマスク計画」である。

■ タイガーマスクを知らない小さなお友達へ ■

  • tiger_2-01
  • [1]
    昭和40年代中頃。
    「黄色い悪魔」と呼ばれ
    反則攻撃を売り物に
    日本マット界を暴れまわって
    いたタイガーマスク。
    本名 伊達直人。

    プライドもK-1もない時代、
    プロレスは唯一の総合格闘技であり、
    間違いなく世界最強の男が
    プロレスラーだった時代だ。

    猪木もまだ胡散臭い事業に
    手を出したりせず、プロレスだけを
    していた。

  • tiger_2-02
  • [2]
    彼(タイガー)は、
    少年時代孤児であった。
    彼は自分を迫害した人間たちに
    復讐するため、そして自分が
    生きていくため、
    誰よりも強くなろうとする。

    動物園でトラの檻の前で
    世界最強の男(プロレスラー)に
    なろうと決意した彼は、孤児院を
    飛びだし、悪役レスラー養成機関
    「虎の穴」に拾われる。

    もし、この時彼がマントヒヒとか
    レッサーパンダの檻の前で決意して
    いたら、後の日本のプロレス界は
    えらい事になっていただろう。

  • tiger_2-03
  • [3]
    「虎の穴」

    某国にある悪役レスラー養成機関。

    タイガーマスクの物語は
    全てがここから始まる。

  • tiger_2-04-1tiger_2-04-2
  • [4]
    そこでは、入所した人間の
    100人に一人しか生きて出られない
    というすさまじい猛特訓というか・・
    拷問が行われている。

    しかし、これに耐えられなければ、
    虎の穴出身の悪役レスラーとしては
    認められない。
    そして、認められない者に待って
    いるのは・・死あるのみなのだ。

    直人はそこで、少年期・
    青春時代を過ごす。
    ひん曲った性格になるのも
    当たり前だ。

  • tiger_2-05
  • [5]
    「虎の穴」を優秀な成績で
    卒業した直人は、「虎の穴」の
    シンボルであるトラの覆面を
    かぶる事を許される。

    悪役レスラーとして、荒稼ぎする
    直人だが、ギャラの半分は
    「虎の穴」に巻き上げられる。

    ちなみに現実の初代タイガーがが
    巻き上げられたのは9割
    近かったらしい。
    それに比べると「虎の穴」はまだ
    良心的だ。

  • tiger_2-06
  • [6]
    しかし、ある日彼は愕然とする。
    自分の出身の孤児院の子供達が
    自分の試合を見て、
    「強ければ何をやってもいいんだ」
    と、某大国の様な事を言って
    いるのだ。

    タイガーは自分の様な子供を
    これ以上作らないため、
    孤児達のために
    戦う事を誓う。

    反則抜きで・・・
    .
    .

  • tiger_2-07
  • [7]
    反則抜きの正統派レスラーでも、
    金さえ払えば「虎の穴」は
    文句は言わなかったかも
    しれない。

    しかし、彼は孤児院の借金を
    返すため、「虎の穴」に渡す金に
    手をつけてしまう。

    彼は、虎の穴と戦う事にする。
    「みなしごランド」と
    いう遊園地を作り、
    子供たちを無料でそこで
    遊ばせるのが彼の夢である。

    現実には、ホーガンやザ・ロック
    でも無理であろう。

    ・・・マクマホンならできるかもしれない。

  • tiger_2-08
  • [8]
    しかし、そこに自分の銅像を
    立てようという自己顕示欲の
    強さを見ると、彼も政治家に
    向いていたのかもしれない。

    ちなみに、このランドの構想は
    タイガーが世界タイトル戦前に
    夭折したため、タイガーの銅像だけが
    完成した状態で頓挫する。

    ・・・・最後でよかったんじゃないか?
    銅像・・・
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .

  • tiger_2-09
  • [9]
    送金が止まって、怒り狂った
    「虎の穴」は裏切り者を
    処刑するため、リングの上・下を
    問わずタイガーを狙ってくる。

    その送り込んでくる刺客達の
    覆面たるや・・・
    とても正気の沙汰とは
    思えないやつらばかりだ。

    ちなみにタイガーは、虎の穴以外の
    レスラーとも戦うが、
    ザ・コンビクトやボボ・ブラジル、
    ドリーファンクJr.など実在の
    レスラーとも戦っている。

  • tiger_2-10
  • [10]
    中でも、この「ミスターNO」と
    「赤き死の仮面」は
    ゴレンジャーに出てきそうな
    すごいギミックだ!

    こう書くと楽しそうに聞こえるが、
    タイガーはこれら強敵の反則技に
    正当なテクニックだけで
    立ち向かい、
    血みどろになって戦い続ける。
    子供たちのために・・

    そう、それは金銭だけでなく、
    子供たちの心のために・・

    決して、おざなりの同情心ではなく
    自分達孤児が、世の中で生きていく
    厳しさを教え、その厳しさに絶える
    本当の正しい強さを身につけて
    もらうために。

  • tiger_2-11
  • [11]
    敵ばかりではない。
    少数だが味方もいる。

    この男はグレート・ゼブラ。
    今だったら、2ちゃんねるで
    すぐ正体がばれてしまうが、
    (まぁ、この人は見ただけで
    わかるが・・)
    当時のファンは鷹揚で
    決してそんな事はしなかった。

    タイガーはこういった仲間の力も借り、
    ついには虎の穴を倒すのだった。
    (アニメと原作の漫画では、ちょっと
    経緯が違う。どっちかというと、アニメの方が感動的かも・・・)

  • tiger_2-12
  • [12]
    彼の志は、大きく育まれ
    アニメでは彼の救った
    孤児院から二代目の
    タイガーマスクを。
    現実の世界では、
    5人のタイガーを産む。

    そして、何よりも我々
    オタク達に
    「正義の血」を
    燃やす事を教えてくれたのだ。

    おい、萌えてる場合とちゃうぞ!


tiger_3
俺達オタクだって・・・人の役に立てるんだ!

タイガーがプロレスで得た金を子供たちのために使ったように、

俺達はオタクで集まった金を子供たちのために役立てよう!

オタクなら、オタクらしいやり方で・・

それが俺達の・・・タイガーへの恩返しだ!


リアル・タイガーマスク計画 主旨

  1. 「プロジェクトZ」で得た収益金の全てを「聖ヨハネ学園(高槻市)」に寄付する。
  2. 寄付は、子供たちが望むマンガ雑誌・単行本を収益金で購入する形で行う。
  3. 寄付をお届けするため施設を訪れる際は、Z戦士はタイガーマスクの覆面を被って訪問する。

皆様のご協力をお願いいたします。

title_yohane

  • ■ 沿革要旨 ■

    ●明治22年11月
    米国宣教師ミス・ブールが日本聖公会大阪聖ヨハネ教会婦人会の支援により大阪市東区石町の一小屋に2名の乳児を収容し貧院と称した。

    ●明治34年
    社団法人認可。

    ●明治39年9月
    大阪聖ヨハネ学園と改称。

    ●昭和19年
    現在地高槻に移転。

    ●昭和27年
    社会福祉法人聖ヨハネ学園と改称。

    ●平成元年11月
    創立100周年を迎える。

    ●平成元年
    ゆう・あいセンター(デイサービス・生活支援・乳幼児療育)開始。

    ●平成10年
    デイサービス・ホームヘルプサービス・ケアマネージメントサービス・ショートステイサービスを開設。

    ●平成13年
    下田部保育園30周年を迎える。

    ●平成15年
    うの花療育園開設。

  • yohane-noakan
  • yohane-youjitou